裂き織りマット


静岡市葵区にある「ラポール安倍川」の皆さんが作った「ゆにーく」というブランドの裂き織りマット。 作り方は、ふとんを打ち直しして取り出した布をまず裂き、そして額と呼ばれる枠に一枚ずつ布を入れて織り込んでいきます。 元々ふとんとして使われていたものなので吸水性バツグンの上に、とっても丈夫。キッチンマット、玄関マット等、様々な用途で使えます。 裂き織りについて調べてみると その起源は江戸時代中期から。 くたびれた布を再利用して裂き織りを作り更に使い古されるとまた裂いて組紐に作り直し背負子に利用されたようです。 更に使えなくなれば農作業中に紐の端に火をつけ虫除けに使い 最後は灰になって、土に還る。 昔の人の知恵はすごいなぁと思いました。 あるものを大事に使う知恵や文化や想像力が 人々の生活や心を豊かにしていく様な気がします。 「私も昔、裂き織りをやっていたわ」と 声をかけて下さるお客様も何人かいらっしゃいました。 私自身は裂き織りの存在も知らなかったし体験もなかったので 貴重だなぁと思いながらお話を伺っていました。 リムセで取扱いをさせていただいている裂き織りマットの色は 赤系、青系と入荷する時々によって様々です。 ショップページを是非ご覧下さい。


Featured Posts
Recent Posts
Follow Us
  • Facebook Reflection
  • Twitter Reflection

    Copyright(c) 2021 rimse All Right Reserved.